えっ!!そうだったのか。iPhone 4S の「S」は「Siri」

スポンサーリンク

Apple CEO の Tim Cook 氏、「iPhone 4S の『S』は、『Siri』の『S』」の記事で発見しました。

Siriの「S」だったんですね。

今年第10回を迎えた米国メディア All Things Digital によるカンファレンス「D10」において、Apple CEO である Tim Cook 氏は、iPhone 4S の「S」は、同製品のフラグシップ機能「Siri」の「S」であったことを明かした。All Things D が伝えている。

巷で噂になった「iPhone for Steve」派でした。

すっかりネットの噂に流されるヤツです。

iPhoneイメージ

「名前はころころ変えない方が良いし、利用者もそれを望んでいる。(製品に)世代をあらわす数字を付与した場合でもそうだ。特に、デザインを変更しない場合には、世代番号も変更しない方がよい。iPhone 4S をリリースしたとき、『S』は『Siri』を表していると考える人も『Speed』を表しているという人もいた。我々は『Siri』を念頭に置いてそのネーミングを行った。iPhone『3GS』では、回線速度を表していた」

ネーミングのルールが、そうだとしても

「iPhone for Steve」説にしてくれれば

ロマンがあったのに・・・

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク