ソチ五輪のカーリングを観ていたら、ちょっとルールを理解してきた

スポンサーリンク

ソチ五輪カーリング

ソチ・オリンピック開催中ですね。寝不足の方も多いのではないでしょうか。自分もようやく、ゆっくりとテレビ観戦ができた今日、女子カーリングの予選『日本vs韓国』と『日本vsデンマーク』を観ました。

2試合とも別のチームに思えたほどのデキでしたね。

点を取り合うゲームだけど・・・

簡単にちょっと復習。1チーム4名で1人2回投げれる。

交互に投げるので後攻に投げるチームが、得点するのに有利。

投げる順番が後ろになるほど、精度の高い投球が求められる。

何がなんでも得点を取りにいくスポーツなんだと思っていまいたが、有利な後攻を得るためワザと相手チームに1点を取らせたり、試合の流れや展開を読んで0点にしてしまったりと、とっても繊細なスポーツだとイメージが変わりました。

ストーンが、丸い部分に多い状態だとちょっと興奮します。他のストーンに当てないように僅かな隙間を通してきたり、相手のストーンを2個同時に外へ弾いたりと、テクニックに魅せられます。

今日のテレビ観戦で『静かに気持ちが盛り上がる』とっても日本人が好きな部類のスポーツだと感じた1日でした。

新 みんなのカーリング
新 みんなのカーリング

posted with amazlet at 14.02.11
学研教育出版
売り上げランキング: 2,898

カーリング魂。
カーリング魂。

posted with amazlet at 14.02.11
小野寺 歩
小学館
売り上げランキング: 6,007

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク