ようやくイチローも決まったか、MLB日本人選手の2015年シーズン所属チーム

スポンサーリンク

昨シーズンのMLBでは、マー君だ!黒田だ!ダルだ!岩隈だ!と、あちらこちらと試合を観ておりました。

MLBで活躍中の日本人選手が、今シーズン所属するチームが決まり、自分用に現時点での状況を記録。

投手陣

田中将大:ヤンキース

ケガもあったけど、1年目として素晴らしい活躍でしたね。立ち上がりに一発を貰う場面が多く、ハラハラしていました。今シーズンは、落ち着いて観ていられる投球に期待します。

岩隈久志:マリナーズ

抜群の安定感で、超安心感のある投球。マリナーズが誇るヘルナンデスとの2枚看板。ケガさえなければ、問題なしでしょう。

上原浩治:レッドソックス

シーズン終盤は、打たれたので登板回避されたけど、今シーズンもポンポンっとテンポよく抑えてほしい。

田澤純一:レッドソックス

ちょっと投げ過ぎじゃない?かと心配になるほどのフル回転。日本のプロ野球を通らないでのメジャー挑戦なだけに、この投手への思い入れは強いです。あとハイチュウを広めた人って事で印象が強いです。今シーズンは、いったい何試合に投げるのか。

ダルビッシュ有:レンジャーズ

肘の状態は順調に回復だとニュースを見ました。今シーズンの開幕投手じゃないかとも。サイ・ヤング賞も可能な存在だけに、本当にケガだけは注意してほしい。

藤川球児:レンジャーズ

心機一転で活躍してほしい。ダルと同じチームなのが、良い作用になると信じています。日本人投手による継投が見たいです。

和田毅:カブス

ようやくメジャーで投げられた。今シーズンは、いままでのウップンを晴らす意味で、たくさん登板するところが見たい。

黒田博樹:広島カープ

一番驚いたのは、黒田投手の日本球界復帰です。

メジャーでも複数球団が高額なオファーがあったなか、古巣の広島カープと契約。黒田効果で広島のシーズンチケットが売切れに。さすがです。これまでの活躍で各方面に影響力を魅せつけてくれます。

松坂大輔:ソフトバンク

先発やって抑えやってと波瀾万丈なメジャー生活でしたが、日本に復帰。メジャーで投球フォームが変化してたけど、日本ではどうなるのかな。そこが気になります。

野手陣

青木宣親:ジャイアンツ

まさかのジャイアンツと契約。これはスゴイことが起きた。ワールドシリーズでの活躍が見たい。

川崎宗則:ブルージェイズ(マイナー契約)

毎年恒例のマイナー契約からのメジャーを狙う路線。チームとファンに最も愛されている選手だと思います。

ムネリンのTwitterから

イチロー:マーリンズ

一時期は無所属になるのかと思ったほど、やっと決まったねー。3千本安打達成を狙う今シーズンはマイアミでしたか。背番号も51に復帰するとかしないとか。現時点では第4の外野手らしいので、しっかりレギュラー争いに勝ち残ってほしいです。

気になる存在

なんか気になっているので、記録しておきます。

沼田巧巳:ドジャース傘下

加藤豪将:ヤンキース傘下

渡辺俊介:独立リーグ?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク