プロ野球ドラフト会議2012。今年注目のアノ選手は、どこの球団が指名?

スポンサーリンク

日本のプロ野球も、あと日本シリーズで長いシーズンが終わります。

今年も、まったく試合を観ていなかったプロ野球でしたが、この時期だけは、なぜだか楽しみにしています。

そう、プロ野球の「ドラフト会議」です。

甲子園は、テレビ観戦やラジオ中継でチェックしていたので、注目の「甲子園優勝ピッチャー」は、どの球団が指名するのか。アメリカ挑戦の「あの投手」を強行指名するのか、気になるところです。

また、意中の球団に入団するため1年間、今日まで待った「あの人」は、どうなったのか?

今年のドラフトは、注目する項目が多くて楽しみでした。個人的には、やはりピッチャーが気になるドラフト会議です。

浪人の菅野投手。なんかすんなりでしたね。

いろいろと賛否両論あった昨年のドラフト1位の菅野投手。

個人的な勝手な解釈だと「 叔父さんと野球がしたい」と言い、浪人していました。今年は、特に波乱もなく、巨人が1位指名だったみたいですね。

事前のスポーツ紙では、競合指名の可能性もあるような記事も見ましたが、混乱は避けられました。

1年間、自分の意志を貫いただけに、入団してからの活躍に注目します。

複数球団が指名。やっぱりスゴイね甲子園優勝ピッチャー。

今年の大注目の高校生投手、大阪桐蔭高校の大谷投手は、4球団の競合指名で阪神に。やっぱり魅力ある投手。

また、甲子園を本拠地にする球団に指名されるってところが、ドラマ性がありますね。

今年の1番良い選手を指名する姿勢やっぱり日ハムはブレないね。

昨年の菅野投手への指名といい、今年1番良い選手と判断した人を指名することで有名な日本ハム。やるか、やるかと思っていましたが、やっぱり強行指名。

先日、メジャーリーグへ挑戦すると表明した、花巻東高校の大谷投手を指名しました。

ドラフト1位指名の権利が、無駄になってしまうかもしれないのに、球団のポリシーは曲げませんね~。

日ハムのスカウト陣営に、入団交渉の秘策はあるのでしょうか。今年も入団交渉が、長引くこと間違いないでしょう。

東都リーグ新記録の奪三振王、こちらも複数球団が指名。

亜細亜大学の東浜投手。リーグ新記録となる420奪三振の記録を引っさげて待っていたドラフトでは、3球団が競合指名。抽選でソフトバンクが指名権獲得。

世界の王さんが、抽選を引いたようです。沖縄出身ですから、九州の球団も馴染みますね。

他にも・・・

今年の夏、調子を落としていた「高校BIG3」の1人、愛工大名電の濱田投手は、中日に2位指名。

甲子園春夏準優勝の光星学院主将で捕手、田村捕手はロッテ。同じく4番を打っていた北條内野手は、阪神。

甲子園未出場ながら、評価が高い左腕、東福岡の森投手は、東北楽天。

今年は、意外と高校生の指名が、少ない気がしました。即戦力を必要としていたチームが多かったのでしょうか。

さぁ、ストーブリーグは、各球団の入団交渉の情報で楽しみます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク