スノーボードのブーツ。ソールが剥がれたので自分で修理

かなり年季の入ったスノーボードのブーツ。とうとうソールが剥がれました。

次の雪山へ行く予定が直近に迫っていて、新しいブーツを買うには時間が取れなかったので、自分でリペアですることを決断。

ネットでリペア方法を調べる

おそらく同じような境遇の方が、ネットで情報提供してくれているだろうとネット検索。

ありがたい情報が出てきます。

今回、参考にしたのが下記サイトの投稿。

スノーボードブーツの直し方!ソールとつま先が剥がれた時の修理方法を紹介します!|スノーハック
スノーボードのブーツが壊れました。壊れ方はブーツの靴底にあたるソールとつま先が剥がれたという状態。そこで、自分で直してみたので、その修理した方法をご紹介していきます。意外と簡単に直すことが出来たので、同じように壊れてしまったら参考にしてみてください。
スノーボードブーツのソールが剥がれたので修理
スノーボード用ブーツの底が剥がれたので接着剤で修理してみた。(スノボ用ブーツの底が剥がれた。)スノーボードブーツの底を接着剤で貼付ける修理用のボンドも色々と種類があるので、何度も試して失敗をしましたので、最終的に満足出来る修理方法を紹介しま

じっくり読んでホームセンターに行き、必要なモノを購入してきました。

接着剤の種類が豊富で悩む

ホームセンターで接着剤コーナーに行くと種類が多く選択になやみます。

自分のブーツを修理するのにどれだけ接着剤の量が必要なのか・・・

結局、購入したのはコレ

接着剤のコーナーじゃなく、防水スプレーや靴クリームなどが置いてある靴のコーナーにありました。

接着剤の色が黒・ナチュラル・白とあり、スノーボードのブーツ以外も修復するかもと考え、なんとなくナチュラルを選択。

帰宅し、参考サイトのようにチャレンジ。

3日後にはスキー場に行きます。時間的に完全修復できるのか不安でしたがやってみました。

なるべく丁寧にたっぷり時間をかけ、接着剤を塗りビニールテープでグルグル巻に。

出発する8時間前にチェックすると、ちゃんと補修できていました。

本番はどうなのか?不安な状態でスキー場に

ソールは補修できていましたが、実際に滑ってみたら剥がれてきたらと思いながらスキー場に到着。

雪の侵入がないように、つま先などの隙間にもShoeGoo塗ったつもりなので、様子を見ながら1本・2本と滑ってみます。

うん、ちゃんと固定されています。

ここから、ようやく安心して不安なく楽しめる事ができました。

応急処置として、上手くいきました

新品のブーツを買ってスキー場へ行ければ最高なのでしょうが、ブーツも1つの道具ですからじっくりと見定めたい。

応急処置として金銭的にも時間的にも、とても良かった修復方法だったと思いました。

しっかりと年季が入ったブーツなので、来シーズンは新しいブーツを購入してスキー場へ向かおうと考えています。