日本の夏の風物詩『夏の全国高校野球選手権大会』

スポンサーリンク

今年も、いよいよ夏の高校野球が始まります。

高校野球界の一番目玉だった投手が、地方予選で敗れたということで、注目度が下がるかと思ったら、例年になく見所満載なんだと思いました。

単純に各校の戦力を分析しながら優勝予想するのもオモシロイですし、各学校が持っている物語性を勝手に妄想しながら、エンターテイメントとして観るのもオモシロイと思います。

個人的に今年の甲子園を観るポイントを考えてみました。

夏を2連覇?それとも春夏連覇?どちらも大変だ!!

現在、プロ野球でも活躍している藤浪投手を擁した昨年の覇者・大阪桐蔭が夏の連覇を狙い、今年の選抜の王者・浦和学院が春夏連覇を狙います。

どちらも、とてもハードルが高い目標ですが、今年の甲子園を楽しみにしているポイントです。

昨年の大阪桐蔭は、春夏連覇してるんですね。

しかし、優勝候補が多すぎない?

大阪桐蔭・浦学が、優勝候補になるのはわかりますが、他にも優勝しそうな学校があります。

とんでもない打力の日大三も全国制覇が狙えるのではないでしょうか。

地方予選を準決勝までを、すべてコールド勝ち。

甲子園でもその打力を発揮するのか。

桐蔭の松井投手を打って本大会に出場した名門・横浜も気になります。

監督さんも優勝経験がありますから、試合の采配は勿論のこと、試合がないときの過ごし方など、抜かりないでしょう。

一方、注目のピッチャー済美の安楽投手。

最速157kmですよ。スゴイね〜。暑いなか1人で連投に耐えられるのか。打線が投手を助けられるか。

再び延長18回の死闘になるか、箕島・星稜が出場

第61回で対戦した箕島対星稜。延長18回の死闘だったそうです。再び対戦するとなると高校野球オールドファンが、喜ぶ対決でしょう。

しかも当時、星稜でプレーしていた選手の息子さんが、星稜の選手として甲子園に帰ってきたという。オヤジを超えられるのか。

箕島の監督も世代が変わって、

今大会は、公立高を応援します

今回、1番注目している高校は、奈良代表の桜井高。

この記事を読んだら、メチャクチャ気になってしまいました。

天理・智弁・郡山が44年ぶりに敗退。奈良・桜井高の「人間力」野球に注目。 (1/4) – Number Web : ナンバー

夏の扉をついにこじ開けた。第95回全国高校野球選手権記念奈良大会で、県立・桜井高が初優勝を決め、甲子園初出場を決めた。

桜井高が、ベスト8ぐらいまで勝ち進んだら、全国から応援されるのではないでしょうか。全国制覇を目標に掲げている学校には、目障り(?)な学校でしょうが・・・・。

桜井高の「心構え」を、しっかりと観たいです。

高校野球の注目点・番外編

野球なのにラガーシャツに注目するなんて思ってもいませんでしたが、今年もバックネット裏に「ラガーさん」の姿をテレビで拝見すること。

そして何色のラガーシャツなのか確認すること。

これが毎試合の楽しみにしている1つです。

ネット上では、ラガーさんが着たラガーシャツのカラーを記録されている方がいました。はたして今年は、ラガーシャツを何着持ってきているのか。チェックしてみるとオモシロイと思います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク