かけ算の式の書き方の順序。確かに習っていたような・・・

スポンサーリンク

突然ですが、問題です。

5人に飴を4個ずつ配るとき、飴はいくつ必要になりますか。

20121221_candy01

真剣に考える間もなく、ただ単純に頭の中で「5×4=20」でしょと答える自分。

ところが、この式だと、小学校では「×」バツになるんだとか。

5人に飴を4個ずつ配ると飴はいくつ必要か 赤ペン先生回答 | エンタメ | マイナビニュース

ネットにあがっていた記事を読んで、遠い小学生時代の思い出が、蘇ってきました。

確かに小学校2年生のかけ算の授業で、先生が式の書き方(数字を入れる順序)も、勉強した記憶がありました。

問題が、求めているのは何なのか。例題の場合「飴ががいくつ」と問われているので、かけ算する時の式は

「飴の個数4」×「人数5」=「飴の総数20」

飴の数が、前にこなければダメだと、口を酸っぱくして言っていた先生でした。

なんか懐かしい記憶だなと、少年時代に浸っていたら、なぜだか、どんな先生だったのか名前も、顔も思い出せません・・・・

先生、ごめんなさい。そして、ありがとう。

※「かけ算の式」と変換したいのに、何度も「かけ算の指揮」と変換される。どう考えても式やろ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク