NFLの脳しんとう問題をリドリー・スコット監督が映画化

スポンサーリンク

激しいコンタクトプレーが、ひとつの魅力でもあるアメリカンフットボール。

見ている側としては、激しいタックルに興奮してしまいますが、激しいプレーにより実は選手生命どろころか、人生までもが悲しい結末を迎える事もあるようです。

リドリー・スコット

リドリー・スコット監督、フットボール選手の脳しんとう問題を映画化 : 映画ニュース – 映画.com

映画を通して「脳しんとう」に関する事が、解明されていくのかと思います。

 

近年は、防具の進歩やルール改正によって、脳しんとう対策が進められています。万が一、試合中に脳しんとうを起こした場合、選手が立ち上がれたとしても、そう簡単に試合に戻ることができません。厳しい診断によって、その試合に復帰できない事もあるようです。

アメフトの記事を追っていると「元選手が脳しんとうの後遺症による悩みで自殺」の記事を見ることがあります。

アメフトファンとしては、選手やその家族・チームスタッフ・リーグ関係者が、悲しい結末を迎えなくてすむような対策が進むことを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク