なるほど「ギターが泣いている」ってこういう事ね。

泣きのギターという表現があるけど

正直、わからなかった。

友達から薦められた1曲を聴いて

その表現する意味が理解できた。

 

Please Don’t Leave Me / Blue Murder

この曲の最初のイントロでグッと心を鷲掴みされた。

ギターを弾いてるジョン・サイクスのことも説明され

感動をしている自分がいた。

 

John Sykes & Phil Lynott – Please Don't Leave Me '82

John Sykes & Phil Lynott – Please Don’t Leave Me ’82

 

 

どれだけ年数が経過しても

あの時の感動がよみがえってきます。