深刻です。男子柔道が初の金ゼロの大会になっちゃった。

スポンサーリンク

ニュースサイトを見て驚きました。日本のお家芸といわれている男子柔道での金メダルが0個。

男子柔道初の金ゼロ 上川も2回戦負けでメダルなし(スポニチの記事)

もう日本の柔道は、世界のJUDOに勝てないのでしょうか。

日本国旗

個人的な意見ですが、日本の柔道は一本を決めるために、組み手だったり、相手を崩す型をキレイに決めてから技をだす「日本独特の様式美」があると思います。柔道を武道として見ていて「柔の道を極める」ことを、昔からずっと守られてきたからでしょうか。

ところが海外の選手は、柔道を武道というより、勝ちが重要な格闘技、または格闘技に近いスポーツとして捉えているのではないでしょうか。

とにかくパワーで相手をねじ伏せたり、相手を圧倒してポイントを稼ぐ、最終的に勝ちにつなげていく試合運びをしていると思います。

お家芸を復活させるには、国際大会で「日本の柔道」をやるのではなく、格闘技の柔道(JUDO)にシフトして欲しい。

もちろん柔道は、今まで通りに残しておき、日本の伝統文化として引き継いで欲しい。ただ、世界で戦いたい人は、普段からJUDOを練習。とにかつ勝つための柔道をする。

山下・斉藤・古賀と言ったレジェンドではなく、小川直也や石井慧を全日本のコーチにしてくれたら、もっと柔道を見たいと思うし興味もでる。

でも、流石にダメだよね。暴論ですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク