2012スーパーボウル。両QBに魅了された。

スポンサーリンク

4年前のスーパーボウルで

熱い戦いをしたチームの再戦。

ペイトリオッツのリベンジなるか、

それともジャイアンツが返り討ちにするか。

なんとかガンバってテレビ観戦できました。

今回のスーパーボウルでは

両司令塔からのパスの投げ合いに注目していました。

試合の結果は、いろいろと情報がでていると思うのでサラッと

NYG 21 ‐ 17 NE

あとは個人的な雑感を。

■よくそんなピンポイントな場所へパスを通すなと思うほど

 お互いのパス攻撃に見とれてしまった。

もう、史上最高のクォーターバックじゃねぇ?」と言われている

NEペイトリオッツのトム・ブレイディ。

今シーズン、相手にリードされていても

第4クォーターになるとものスゴイパスを投げちゃう

NYジャイアンツのイーライ・マニング。

どちらのQBにも感じたのは、

エンドゾーンまで、どんなに距離があろうとも

きっちりとファーストダウンを更新していくのは

まさに「良い物見た!!」でした。

■ハーフタイムショーのマドンナも素敵でした。

オープニングのVogueは、シビれた。

途中で「LMFAO」と一緒にパーティー・ロック・アンセムを踊る

マドンナがとても楽しそうで、自分もアガってしまった。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク