ダルビッシュが2年目スタート。あと1人だったパーフェクト

スポンサーリンク

ダルビッシュが、所属チーム・レンジャースの開幕2戦目に先発登板。

メジャー2年目のシーズンがスタート。

初回、何球か制球定まらない場面がありましたが、圧巻の三振ショーが始まりました。この時点で、まさか、こんなにドキドキ興奮する試合になるとは思っていませんでした。

2回以降、去年とても多かった四死球を心配することなく、安定したピッチング。

スプリットで150km超えちゃったり、カットボール、スライダーと切れまくり。

7回を投げ終わって、ベンチでダル本人が背中を気にする場面が映ります。

しかも、ブルペンでは2人のピッチャーが準備していて

続投なのか、投手交代なのか、ハラハラしました。

しかし、8回もマウンドに降臨。

8回の先頭バッターには、フルカウントからファールで粘られる場面では、球場も異様な雰囲気になり、ドキドキ感がハンパない状態でしたが、キッチリと三振をとり8回を終えます。

Twitterのタイムライン上でも「あと3人」とか「完全試合」の文字が、高速で流れています。

9回、大歓声のスタジアムで誰もが期待している中、マウンドへ向かうダルビッシュはカッコ良かったです。

内野ゴロで2人を打ちとり、いよいよパーフェクトまであと1人。

興奮度は最高潮です。

バッター・ゴンザレスへの初球・・・・バッターがスイング。

ピッチャー返しになり、ボールがセンター前へ・・・・・転がっていきます。

完全試合がなくなりました。

打たれた本人は、苦笑い。

見ていた観客は、オーマイガー!!!状態。

ただただ残念。

このヒットで、ダルビッシュは交代となります。

球場にいた観客はスタンディングオベーションで見送ります。

試合終了後、珍しくTVインタビューに答えていました。

9回の場面については「あそこまで行ったら、完全試合とりたい」と口にしていました。素直な感想だと思いました。

しかし、無四死球で奪三振もキャリアハイ。

今シーズンも活躍は、おおいに期待できますね。

移動する予定だったけど、テレビに釘付けになってしまいました。

急げ、移動だ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク