アメリカ陸上短距離の復権くる?ロンドン五輪でのジャマイカ勢に対抗するのか期待しちゃいます。

スポンサーリンク

陸上短距離っていったら

アメリカが陸上大国だったのに

ここ数年は、ウサイン・ボルト、アサファ・パウエル、ヨハン・ブレークなど

ジャマイカの選手の名前があがります。

ジャマイカ陣営の凄さは、揺るぎないですが

今年は、アメリカ陸上界が盛り返してる兆しがありますね。

五輪=8年ぶり米国選考会に臨むガトリン、「ボルトと戦いたい」(ロイター)

男子100で復活懸けるゲイ=全米陸上、22日開幕(時事ドットコム)

ttp://jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012062000686

ガトリンに関しては、禁止薬物の使用で

4年間の出場停止処分を受けてたわけで

モチベーション下げないで、表舞台に復帰してきたと思います。

チャンプのボルトが出場していませんが

今シーズンのダイヤモンドリーグ開幕戦では優勝したガトリン。

五輪の100m決勝のレーンに

ボルト、ガトリン、パウエル、ゲイ等々

速えーって、オイ!!って選手が

並んでいる姿が見れるかも。

なんか想像しただけでワクワク。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク