NFLカンファレンス・チャンピオンシップの対戦カード決定

スポンサーリンク

NFLのディビジョナル・プレイオフ4試合が終わり、カンファレンス・チャンピオンシップの対戦カードが決定。チームの実力通りの結果になっているのではないかと、個人的に思いました。

さぁ「Super Bowl」に出場をかけた試合、AFC、NFCどちらも好カードだと思います。

カンファレンス・チャンピオン

AFCの頂上決戦は名QBの激突。

ブロンコス対ペイトリオッツの対戦。第1シードと第2シードのチームですね。

ブロンコスにはペイトン・マニング、ペイトリオッツにはトム・ブレイディ。長い間、ライバルと観られているQBの対決でもありますね。これは、お互い意識しあうでしょうねー。AFC頂上決戦としては、これ以上ない好カードだと思います。

シーズンの成績やホームで試合ができるとなると、ややブロンコス有利とみるのが妥当でしょうか。

NFCは同地区ライバルチームの激突

シーホークス対49ersの対戦。NFCは同地区チームの対決。第1シードのシーホークスと第5シードの49ers。

こっちは「モバイルQB」の対決に注目ですね。こちらもお互い意識しあう対戦ですねー。

ホームでの圧倒的な強さ、49ersはシアトルでの戦績が良くないことから、NFCは断然シーホークスが有利でしょうね。

唯一49ersが、優ってるとすると昨年のスーパーボウルでの敗戦した悔しさからのSBに対する気持ちでしょうか・・・。個人的に今シーズ推しチームの49ersに勝利して欲しいです。

どちらも試合も日本時間1月20日(月)の早朝です。日本でもLIVE放送されると思います。

朝早いし起きられるかな・・・。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク