USBポートが足りなくなったので、USBハブで増設。

スポンサーリンク

2011年にMacBookProを購入して

1年経過して、何とも快適に利用しています。

まだまだ使いこなせていないと思いますが

Macを触っている時間は

それはそれは、楽しい時間です。

マックブックプロ15インチ

いろいろと使ってみたい

Macの周辺機器を取り入れていくと

どうしても2つあるUSBポートが

足りないと感じてきます。

いつも接続していたい周辺機器

制作したファイルやら、取っておきたい写真データなどは

外付けHDDに保存しています。

外付けHDDだけは、常にUSBに刺さっています。

必要な時にだけ、接続している周辺機器

スカイプで連絡を取り合う時に、Webカメラ。

iPhoneの充電や、バックアップに使うケーブル

外出時に持ち出す時にメモリーカード

それぞれ必要な時に、差し替えて利用しているのですが

どうしてもタイミングが、同じになってしまう時があり

この時の抜き差しがストレスに感じてきました。

Macを購入した当初は、必要がないと考えていましたが

USBハブを購入を決意しました。

家電量販店で陳列されているUSBハブを眺めると

いろんな種類があり、どれもこれも目移りしてしまいます。

詳しいUSB事情が、まったくわからないため

ポートの数が、4口あるものを探しました。

そこで目についたのが、BuffaloのUSBハブ

BuffaloUSBハブ

「スマートフォンに最適!」と表示されているので

大丈夫でしょうと、これに決めました。

ポートの数は5口あります。

USBハブ

USBハブ2

USBハブ3

早速、Macにハブを接続。

iPhoneをつないでみました。

問題なく、認識されていて

普段通りのバックアップ、アップデート実行できました。

USB接続での抜き差しするストレスから

解消されて良かったと思える1品です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク