ウェブマスターツールの構造化データでエラー「authorがありません」の対策

スポンサーリンク

20150410_gwmt

ウェブマスターツールで、まったくスルーをしていた「構造化データ」の項目。

なにげなく見てみたら、なんとエラーが300を超えていてビックリ。エラーの内容が「authorがありません」と表記。

このエラーは、いったい何なのか。問題ないのか、問題があるのか、何が起きているのかわからないので調査開始。

authorって何?

そもそも「authorがありません」というエラーの意味がわかってない。さっそく検索を開始。

検索結果を上から順に閲覧して、情報収集しました。

「エラー」に関する詳細事項は、初心者には難しい言葉が並んでいて、サッパリ理解できていませんが、ざっくりと投稿記事の投稿者が表記されていないことが、原因っぽいです。

さっそく対策と設定変更

対策として「投稿者」をブログに表示させればOKだと思ったで、管理画面から設定をしてみました。

利用しているテーマが「Simplicity」ですから、管理画面の「外観→カスタマイズ」を選択し「レイアウト(投稿・固定ページ)」の項目にある投稿者情報の表示にチェックを入れました。

定点観測してみた

はたして、この対策をして効果があるのか、エラー数の変化をしばらく定点観測してみました。

20150406_aurhor01

300を超えていたエラー数が、270に少し減りました。

翌日、もう一度チェックすると・・・・

20150406_aurhor02

さらにグッとエラー数が減り200以下になりました。

20150406_aurhor03

もう1日経過してから、ウェブマスターツールを確認すると、さらにエラー数が減少していました。

20150406_aurhor04

対策をして1週間が経過。300を超えていたエラー数が50をきっていました。

あと数字したら、エラー数が0になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク