女子高生の背中から「名言」を学ぶ

スポンサーリンク

バスで名古屋市内を移動していたら、部活動らしき女子高生たちが、お揃いのジャージを着て、大きなバッグを抱えながら乗り込んできました。

女子高生たちのジャージの背中には

鍛錬は千年の業
  勝負は一瞬の業

といった、名言らしい言葉が縦書きに2行で書かれていました。部活顧問の先生が言っていた言葉なのかな?

家に帰ってどんな意味なんだろうと調べてみたら、どうやら池田高校野球部の元監督だった蔦監督の言葉らしいです。

「鍛錬千日之行 勝負一瞬之行」

業は「わざ」と読むらしいです。立川談志の影響で「ごう」と読んでいました。「ごう」って読んでしまうと、ちょっと意味が違ってきますね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク