2年振りにスマホの機種変更-ASUS「Zenfone4」

スポンサーリンク

先日、約2年ほど使用してきたFREETELの「SAMURAI極」から、ASUSのZenfone4へ機種変更しました。

キッカケはポイント失効間近だったから

ある日、ヨドバシカメラのポイントが「間もなく失効する」と、1通のハガキが届きました。

普段から、ポイント等に無頓着なんですが「4千円分のポイントが失効する」の記載に思わず「ちょっと、もったいないな」と感じ、失効するなら使っちゃおうと機種変更を決意。

再びリンゴマークに戻ることも検討しましたが、ちょっと予算の関係で断念し引き続きAndroid端末から新しい端末を探しだしました。

今回はASUSから選択

実は、少し前から気になっていたASUSの端末。

時期的に「Zenfone4」の発売時期と、機種変更しようと思ったタイミングがバチッとあったので、最終的な決断は店頭で実物を見てから考え、いざヨドバシカメラへ。

実際に端末をさわってみると、端末の大きさは「すこーし」小さい感じで「画面がキレイ」な印象です。アプリの起動も体感ですが速く感じました。

これは「端末の能力を持て余すぐらい、充分すぎる」と思い、購入を決断しました。

格安SIMとのセット購入だと購入金額が安くなるキャンペーン中でしたが、今使っているSIMで満足していたので、端末だけの購入。約6万円でした。

帰宅して、さっそくSIMを差し替えようと思ったら、SIMのサイズが合わない・・・。アチャー!!

さっそく、NifmoにSIMカードのサイズ変更依頼をだし、実際に使えるようになるのは3日後の事でした・・・・

バッテリーの持ちに驚き、文字入力に苦戦

Zenfone4を使ってみて驚いたのは、バッテリーの持ちが良いこと。機種変更前の「極」は、50%未満になると目に見えて充電が減っていくのがわかりました。

充電は2日に1回

新品だからって事もあると思いますが、Zenfone4は充電の減りが遅い感じがします。

朝、充電100%の状態で、音声通話がなく、1日トータル1時間程のアプリ(Twitter・Facebook・LINE等)を利用した状態で、帰宅後に確認したら60%台。充電しないで2日目も問題なかったりしました。

充電する時間も短くてすむので驚き。バッテリーの減りを気にしていたので、モバイルバッテリーも購入していたのですが、いまだに持ち歩いていない状態です。

ATOKに苦戦中

文字入力には、苦戦中です。

Zenfone4には「ATOK」が入っていて、フラワータッチという入力方法です。

フリック入力に慣れている人には、少し戸惑う入力方式かと思います。設定でフリック入力に変更できるのですが、せっかくATOKが採用されているので、必死になって挑戦中です。

ストレスになるようなら、設定を変えようと考えています。

さあ、どれだけ使いこなせるか

一番、気になっていた電話帳などのデータ移行は、すんなり終了。LINEも上手く引き継げました。

まだまだ、便利機能がありそうなのですが、まずはカメラの性能が良さそうなので、使い方を研究して写真を撮りまくりたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク