ビッグマッチやプレーオフがあったけど、NFLのドラフト2015が終了

スポンサーリンク

日本では、GW真っ只中。

アメリカでは「メイウェザーVSパッキャオ」のビッグマッチで盛り上がり、NBAもプレーオフで盛り上がっています。

オフシーズン中のNFLでも一大イベントの「ドラフト2015」が3日間に渡って開催されていました。

今年1番最初に指名されたのは

NFLのドラフトは、前年の下位チームから順番に指名するウェーバー制。今年の1巡目1位を指名できたチームは、タンパベイ・バッカニアーズ。

指名したのは、フロリダ州立大QBの「ジェイミス・ウィンストン」でした。個人的にちょっと意外でした。もう1人の目玉選手だったオレゴン大QBの「マーカス・マリオタ」を指名するかと思っていました。

マリオタは、1巡目2位指名でテネシー・タイタンズに決まりました。

この2人のQBが、先発で出場する事ができるか、プロで活躍できるのか注目です。

Mr.Irrelevantとは・・・

1番最後に指名される選手を「Mr.Irrelevant(ミスター・イレレバント)」の称号が与えられるそうです。

辞書で調べてみたら「見当違い・的はずれ」など、ちょっとネガティブな意味合いで使われる内容でした。

今年は、アリゾナ・カージナルスから全体256位で指名された、タイトエンドのジェラルド・クリスチャン選手(ルイビル大)でした。

最後に指名されたことで、ある意味運が良い選手だと思い、活躍してほしいと願うばかりです。

投稿内容と関係ないですが

49ersの新しいユニホームがカッコイイです。

赤・黒基調のカラーが、強そうに見えます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク