ドニー・イェン主演映画「スペシャルID-特殊身分-」の感想

スポンサーリンク

小さいころ見ていた「アクションスター」は、カンフー系だったら「ジャッキー、ユン・ピョウ、サモハン、ジェット・リー」で、その後からブルース・リーを追っかけてました。マッチョ系ならの「シュワちゃん、スタローン」でした。

いまの時代は、いったい誰がアクション映画を牽引しているのか?と思い、ネット検索してみると、ドニー・イェンの名前を目にします。

初のドニー・イェン作品の入り口として「スペシャルID-特殊身分-」をチョイスしてみました。

アクションシーンが総合格闘技にみえる

「スペシャルID-特殊身分-」のストーリー自体は、すごく解りやすい展開になっています。ただ、ドニー・イェンのアクションシーンは「これ、総合格闘技をやってるじゃん」と思うほどでした。

UFCとか好きな人は、アクションシーンで「おぉ!」と思わず声がでちゃうかもしれません。だって、アクションの流れで「絞め技」とか出てくるんだもん。ファイティングポーズとかも映画っぽくないし。

るろ剣のアクション監督とのタッグ

アクションが、凄かったので出演者などスタッフを色々調べてました。

スタント・コーディネーターとして「るろ剣」等のアクション監督をされている「谷垣健治」さんが、参加されていました。

ジャッキーのアクションに憧れ、単身で香港に渡りスタントマンになった谷垣健治さん。昔からドニー・イェンの右腕としてスタントコーディネイターをされていたようです。

るろ剣でよくみる「1対多数」のアクションシーンが凄くて興奮したのですが、この「スペシャルID」でも、その「興奮」が味わえました。

日本でもアクション映画増えてほしい

アクション映画好きなので「スペシャルID-特殊身分-」には興奮しました。

日本版でリメイクするなら誰かな?って妄想してます。アクションできる俳優さん「岡田准一」と「武田梨奈」はガチで演れると思うんだけどなー。

アクションできる役者と、アクション考えられる人材がいるんだから、日本でもアクション映画がもっと作られないかな。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク