「PcoketChange体験」名古屋で余った外貨を電子マネーに交換

海外旅行へ行って、余って家に眠っていた米ドルと香港ドル。

銀行で日本円に変えようと思っていても、対応できる店舗が限られていて、そこまで行くのも難しい。

「さて、どうしようか?」と、考えつづけて何年も置いたままの少額外貨。

偶然にネットの記事で見かけた、外貨を日本で使えるポイントに変えてくれる「Pcoket Change」という機械が設置されていることを知りました。

ポケットチェンジって何?

海外紙幣やコインを日本で使える電子マネーやギフトコードに交換できる機械です。

ポケットチェンジ端末機、公式サイトより引用

画像は、公式サイトより引用

ポケットチェンジは、10通貨に対応しています。

対応通貨

日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン、台湾ドル・シンガポールドル・
香港ドル・タイバーツ・ベトナムドン

※一部の通貨は、紙幣(お札)のみの対応です。自分が利用した香港ドルは紙幣だけでした。

要チェックが必要な紙幣もあります

マイナーな紙幣や少額紙幣に対応していない場合があります。

実際に対応できる紙幣か、公式サイトの対応紙幣で確認できます。

ポケットチェンジの設置場所

主な設置場所は、国際便が多い各地の空港に設置されています。空港以外でも駅や街中に設置されている都市もあります。

設置場所は、こちらからチェックできます。

今回は、名古屋中心部へ行く予定があったので、大須の「タイトーステーション・フェドラ大須店」で利用してみました。

ポケットチェンジを使ってみた

20時過ぎに名古屋・大須に到着。この時間になると、ほとんどのお店が閉店していました。商店街を歩いている人もまばらです。

端末は、フェドラ大須店の1階フロアにありました。ゲームセンター内に設置されているので営業時間内であれば20時を過ぎていても端末の利用ができました。

考えた結果、nanacoカードへチャージ

チャージ先をどこにするのか考えていました。交通系電子マネーか、nanacoにするかで迷っていました。

※日本でつかえる交換先は公式サイトでチェックできます。

nanacoカードを最近つくったばかりで、家の近所のコンビニがセブンイレブンなので、nanacoカードへチャージすることに決定。

米ドルと香港ドルをポケットチェンジに投入します。

米ドル・香港ドルと一緒に投入

画面の指示通りに操作すれば、問題なく進行していけます。

主な手順は

  1. 交換先サービスを選択
  2. 現金を端末へ投入
  3. 金額と交換先サービスを確認して決定、交換が完了

違う国の外貨でも、一緒に投入できます。端末が自動的に読み取ってくれます。

紙幣は一枚ずつ、硬貨はまとめて投入できました。(ただし、ゆっくり投入しました)

ポケットチェンジへ米ドルと香港ドルを投入

米ドルを28.73ドル、香港ドルを500ドル投入。表示された画面

今回、読み取りできなかった硬貨があり「不明なコイン」として、画面右下に表示されました。

不明なコインは、返却してもらうことができるようです。ただ、返却して自分が持っていてもしかたないので寄付を選択しました。

使ってみた感想

端末の操作は、画面の案内通りにタッチしていけば、すんなりと完了しました。特に個人情報など入力しなかったので、安心できました。

今回は、8千数百円分のチャージができました。

この日のレートをチェックし忘れてしまいました。ざっくり計算してみると、米ドルが1ドルが94円くらい。香港ドルが1ドルが12円くらい。

▼良かった点

  • 紙幣だけでなく、コインも交換できる
  • 本当に少額でも交換できる
  • 時間が遅くても交換できる
  • 個人情報を入力しなくて良い
  • 操作が簡単

▼残念な点

  • 交換レートは、その場でしかわからない
  • おそらく相場より安いレート
  • 設置場所が少ない

海外旅行に行くと、どうしても硬貨が残ってしまうのですが、次回からは「ポケットチェンジ」で電子マネーやギフトコードに変えようと考えます。