名古屋・新栄の小料理屋「田分一」へ。大満足のお店でした

名古屋の新栄にある小料理屋さん【田分一】へ大人3人で行ってきました。

最初は、何と読むのかわかりませんでした。

読み方は「たけいち」と読むそうです。

 

空港線(瓦町付近)を一本入った路地の角にありました。(あ~、お店の外観を撮影するのを忘た)

10人くらい座れるかな?カウンターと、男性4人でなんとか座れる座敷が1つです。つまりすごく「こぢんまり」してるってことです。

大将と女将さんの2人で経営されているようです。カウンターに大皿に盛られている料理を選んで出してもらうスタイルでした。

最初に読めなかった店名の箸袋。最初に閃いたのは「たぶんはじめ」でした。まさか「たけいち」と読むとは・・・

ナスの煮浸し。しっかり味が染み込んでいて美味しい。

お箸で切れるホロホロの角煮。脂身の部分はプルプル。しっかりと煮込まれていて、これなら白ごはん3杯イケますよ。今回、お店で一番衝撃的でした。ビールがススミます。

鶏の肝。臭みもなくパクパク食べてしまいました。

 

他にも、小アジの南蛮漬け・おでん・おひたしetc. どれも美味しいく、お酒にあい、大満足でした。

支払いですが、ご馳走になりましたので、いくらだったのか・・・

 

メニューには、白米とお味噌汁もありました。ぜったい食べ過ぎちゃいそう。

いろんな料理があって美味しく、とても楽しめたお店でした。

また近くへ行ったら寄りたいお店です。

田分一 (矢場町/割烹・小料理)
★★★☆☆3.02 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999