【呼子ランチ】いか生造りを堪能してきました【佐賀】

先日、福岡・大分へ2泊3日の旅行へ行ってきました。

福岡空港に到着したらレンタカーを借り、ちょっと足を伸ばして「呼子のイカ」を食べに行くことに。

教えてもらったお店【かべしま】へ

旅行に行く前から、楽しみにしていた呼子のイカ。

どこの店へ食べようかネットで探していたら、呼子へ行った事がある方からの情報で、加部島の最北端「かべしま」に決定。

行ったことのある人の情報は、信用する派の人なので迷うことなく決めました。

ゴルフ組を糸島市のゴルフ場へ送って、国道202号を呼子へ向かいます。

テレビなどで見たことがあるお店【萬坊】を通過し、呼子大橋を渡って加部島へ渡ります。

活魚料理かべしまの写真

道も空いていて1時間30分ほどで到着。お店の前に海が広がるロケーションです。

透明なイカの活造りとご対面

ランチメニューが、3つくらいコースがありました。単品でイカの活き造りもありましたが、ベーシックなランチメニューを注文しました。

本命のイカが出てくる前に「いかシュウマイ」が入っている茶碗蒸しに舌鼓。

そうしていると美しい活造りが運ばれてきました。

いかの活き造り全体像

いかの活き造りアップ画像

目の前に運ばれてきても、まだイカの足が動いていました。

時期によってイカの種類が違うようです。シーズン毎に違いを感じるのも良いなと思いました。

ワサビ醤油でいただきます。新鮮なイカ特有の弾力と甘みがあります。あぁビール飲みたい(運転手だったので飲めない)

ゲソは天ぷらにしてくれました

イカのお刺身を食べ終わる頃合いを見て、店員さんがお皿を下げてくれます。

ゲソの部分や、イカの三角の部分を天ぷらにして再び持ってきてくれます。

ゲソの天ぷら

大根おろしと天つゆで食べても良し、付いてくるカレー塩で食べても美味しいです。

刺し身とは違い、天ぷらはフワッとやわらかい食感です。

通な人だと、ゲソは塩焼きにしても美味しいらしいです。お店にお願いしたら対応してくれのかどうか?確認すればよかった。

イカを食べたあとは観光

福岡へ旅行に行かれたのなら、ちょっと足を伸ばして呼子へイカを食べに行く計画もアリだと思います。

福岡市を朝に出て、ちょうどランチタイムに到着できると思います。

唐津市自体も観光スポットがありますし、福岡へ海沿いに帰りながら糸島市を探索するのも楽しいと思います。

 

今回、行ったお店

活魚料理かべしま

住所:佐賀県 唐津市呼子町加部島260-1(浜玉ICから車で約40分)

電話番号:0955-82-5187

駐車場ありました。

※コロナ禍なので、お座敷席の間隔を開けて、一部窓を開けて店内を換気しているなど、対策を取られていました。