【大阪・一富久】たこ焼きと人情&コスパ良すぎて満足度が高いお店【いちふく】

たこ焼きの本場、大阪で食べてきたのでレポート。

行ったお店は、大阪・西成区のたこ焼き屋「一富久(いちふく)」さん。

仕事でお世話になっている方の地元が大阪で、連れていっていただきました。

風情ある商店街にあるたこ焼き屋「一富久」さん

大通りを曲がると、どこか懐かしい感じがする街の商店街へ入っていきます。商店街を進むと右手にあったのが一富久さんです。

地元の人達に愛されているお店って感じ、開店時間のちょっと前にお店に到着。

開店準備をされていたので、少し待ってから入店しました。すでにお一人常連さんが座っておられました。

カウンターで10席ほどのお店。コロナ禍での営業のため、カウンター席の前にはビニールカーテンが設置されていました。

タコ焼きとイカ焼きとビール

たこ焼き7個のビールセットを注文しました。

冷えたビール350ml缶と、キンキンに冷やされたジョッキが出てきます。ジョッキにビールを注いでクイッと飲んでたこ焼きを待ちます。

お店のお母さんお手製の膾がサービスで出てきた。口の中がサッパリします。

できたて・焼きたての「たこ焼き」がこちら。

そとはカリカリで中はトロトロです。何もつけなくてもダシの味で食べられます。

2倍酢に七味を振りかけ、たこ焼きをそれにつけて食べてもとても美味しかった。

たこ焼き以外に「イカ焼き」のダブルを注文しました。こちらはソースがかかって出してくれます。

たこのお刺身はおつまみに良かった

タコを仕入れているのですから、メニューにあって当然なんでしょうが。

たこ焼き屋さんで、タコのお刺身が食べられるなんて。

わさび醤油、しょうが醤油で食べ比べをしました。お店の方が、親切で食べ比べさせてくれました。

デザートはキンキンに冷たい「アイスもなか」を

店に入る前に目にしていた「アイスもなか」の文字。

この日は、とても暑かったのでシメのデザートをアイスもなかにすると決めて入店。

たこ焼き・イカ焼きを堪能し「アイスもなか」を手にして店を出ようと精算していたら、お店の方がお土産に持たせてくれました。わざわざ名古屋から来たからと、その親切なお心遣いに甘えてしまいました。

しっかり冷やされているアイスもなか。すぐに食べようと思ってもカチカチのアイス状態です。

ただ猛暑の日だったので、すぐに食べごろに冷たく甘く美味しかった。

 

お店のスタッフのお人柄に惹かれてしまった。タコ焼きも美味しい。大阪へ行ったらまた行きたい「たこ焼き屋」さんです。